更新情報

2024年7月19日

RichFlyer SDK for Unity バージョン1.2.1リリース

RichFlyer SDK for Unityプッシュの新しいバージョンが利用可能になりました。

バージョン

1.2.1

更新内容

  • 不具合修正
    Androidアプリで端末によって添付した画像が表示されない不具合を修正

※本バージョンよりUnityエディタ 2022.3.22f1以上 が必要になります。
これより古いエディタをご利用の場合は、Androidプロジェクトをエクスポートし、以下の設定を行なってからビルドしてください。

  • Android Gradle Plug-in バージョン7以上
  • Compile SDK バージョン 33以上
2024年7月17日

RichFlyer SDK for Flutter バージョン1.2.2リリース

RichFlyer SDK for Flutterプッシュの新しいバージョンが利用可能になりました。

バージョン

1.2.2

更新内容

  • 不具合修正
    Androidアプリで端末によって添付した画像が表示されない不具合を修正
2024年7月16日

RichFlyer SDK for Android バージョン1.6.4リリース

RichFlyer SDK for Androidの新しいバージョンが利用可能になりました。

バージョン

1.6.4

更新内容

  • 不具合修正
    端末によって添付した画像が表示されない不具合を修正
2024年6月28日

RichFlyer SDK for Flutter バージョン1.2.1リリース

RichFlyer SDK for Flutterプッシュの新しいバージョンが利用可能になりました。

バージョン

1.2.1

更新内容

  • 不具合修正
    iOSアプリが完全に終了している状態で、通知センターからプッシュ通知をタップしてアプリを起動した際に、拡張プロパティを取得できない問題に対応しました。
    ※SDK更新後にiOS側に追加の実装が必要になります。実装方法はこちらをご参照ください。

2024年5月8日

RichFlyer SDK for ReactNativeリリース

React Nativeで開発したアプリでもRichFlyerをご利用いただけるRichFlyer SDK for React Nativeをリリースいたしました。

通常のプッシュ通知の受信はもちろん、iOS SDKおよびAndroid SDKでご提供している機能をご利用いただけます。
ぜひご利用ください!

主な機能

以下はご利用いただける主な機能です。その他の機能はSDKご利用マニュアルをご覧ください。

  • リッチプッシュ通知(静止画・動画・アニメーションGIF)
  • カスタムアクションボタン
  • セグメント通知
  • イベント駆動型プッシュ通知
  • プッシュ通知受信履歴の取得

リソース

2024年5月8日

RichFlyer SDK for Unity バージョン1.2.0リリース

RichFlyer SDK for Unityの新しいバージョンが利用可能になりました。

バージョン

1.2.0

イベント駆動型プッシュ通知に対応 (iOS / Android)

アプリ内で発生したイベントを契機に、そのユーザーにむけてプッシュ通知を配信することができるようになりました。

Appleプライバシーマニフェストに対応 (iOS)

2024年5月以降に義務付けられるプライバシーマニフェストをSDKに同梱いたしました。

プライバシーマニフェストについて

SDK(XCFramework)への署名を付加 (iOS)

SDKに含まれるXCFrameworkへ署名を付加いたしました。

Xcode上で署名が検証されるようになります。RichFlyer SDKが第三者によって改竄された場合、Xcode上で警告が表示されるようになります。

SDKの署名について

リソース

2024年5月8日

RichFlyer WordPressプラグイン バージョン1.1.0リリース

RichFlyer WordPressプラグインの新しいバージョンが利用可能になりました。

バージョン

1.1.0

イベント駆動型プッシュ通知に対応

アプリ内で発生したイベントを契機に、そのユーザーにむけてプッシュ通知を配信することができるようになりました。

最後に受信したプッシュ通知の情報を取得

最後に受信したプッシュ通知の情報を取得できるようになりました。

リソース

2024年5月8日

RichFlyer SDK for Flutter バージョン1.2.0リリース

RichFlyer SDK for Flutterの新しいバージョンが利用可能になりました。

バージョン

1.2.0

イベント駆動型プッシュ通知に対応 (iOS / Android)

アプリ内で発生したイベントを契機に、そのユーザーにむけてプッシュ通知を配信することができるようになりました。

Appleプライバシーマニフェストに対応 (iOS)

2024年5月以降に義務付けられるプライバシーマニフェストをSDKに同梱いたしました。

プライバシーマニフェストについて

SDK(XCFramework)への署名を付加 (iOS)

SDKに含まれるXCFrameworkへ署名を付加いたしました。

Xcode上で署名が検証されるようになります。RichFlyer SDKが第三者によって改竄された場合、Xcode上で警告が表示されるようになります。

SDKの署名について

リソース

2024年4月3日

RichFlyer SDK for Webプッシュ バージョン2.4.1リリース

RichFlyer SDK for Webプッシュの新しいバージョンが利用可能になりました。

バージョン

2.4.1

更新内容

  • 不具合修正
2024年3月28日

RichFlyer SDK for Webプッシュ バージョン2.4.0リリース

RichFlyer SDK for Webプッシュの新しいバージョンが利用可能になりました。

バージョン

2.4.0

イベント駆動型プッシュ通知に対応

アプリ内で発生したイベントを契機に、そのユーザーにむけてプッシュ通知を配信することができるようになりました。

最後に受信したプッシュ通知の情報を取得

最後に受信したプッシュ通知の情報を取得できるようになりました。

リソース

2024年3月28日

RichFlyer SDK for Android バージョン1.6.0リリース

RichFlyer SDK for Androidの新しいバージョンが利用可能になりました。

バージョン

1.6.0

イベント駆動型プッシュ通知に対応

アプリ内で発生したイベントを契機に、そのユーザーにむけてプッシュ通知を配信することができるようになりました。

リソース

2024年3月28日

RichFlyer SDK for Objective-C バージョン1.6.0リリース

RichFlyer SDK for Objective-Cの新しいバージョンが利用可能になりました。

バージョン

1.6.0

イベント駆動型プッシュ通知に対応

アプリ内で発生したイベントを契機に、そのユーザーにむけてプッシュ通知を配信することができるようになりました。

Appleプライバシーマニフェストに対応

2024年5月以降に義務付けられるプライバシーマニフェストをSDKに同梱いたしました。

プライバシーマニフェストについて

SDK(XCFramework)への署名を付加

SDKに含まれるXCFrameworkへ署名を付加いたしました。

Xcode上で署名が検証されるようになります。RichFlyer SDKが第三者によって改竄された場合、Xcode上で警告が表示されるようになります。

SDKの署名について

リソース

2024年3月28日

RichFlyer SDK for Swift バージョン3.7.0リリース

RichFlyer SDK for Swiftの新しいバージョンが利用可能になりました。

バージョン

3.7.0

イベント駆動型プッシュ通知に対応

アプリ内で発生したイベントを契機に、そのユーザーにむけてプッシュ通知を配信することができるようになりました。

Appleプライバシーマニフェストに対応

2024年5月以降に義務付けられるプライバシーマニフェストをSDKに同梱いたしました。

プライバシーマニフェストについて

SDK(XCFramework)への署名を付加

SDKに含まれるXCFrameworkへ署名を付加いたしました。

Xcode上で署名が検証されるようになります。RichFlyer SDKが第三者によって改竄された場合、Xcode上で警告が表示されるようになります。

SDKの署名について

リソース