利用規約

RichFlyerサービス 利用規約

本規約は、株式会社インフォシティ(以下「当社」といいます)が提供する「RichFlyer」サービス(以下「本サービスといいます」)をご利用頂く際の取扱いにつき定めるものです。本規約に同意いただいた場合のみ本サービスをご利用できるものとします。 第1条(用語定義) 本規約上で使用する用語の定義は、次に掲げるとおりとします。 (1) 本サービス  スマートフォンやウェブブラウザへのプッシュ通知の作成、配信、受信およびSNSへのメッセージの作成、投稿を同時に実施できるサービス (2) 運営者  本サービスを利用してプッシュ通知の作成、配信、およびSNSへのメッセージ作成、投稿を実施する方、開発アプリをユーザーに提供する主体者 (3) 開発者  RichFlyer SDK(以下「本SDK」といいます)を利用してスマートフォンアプリケーションおよびウェブアプリケーションを開発する方 (4) ユーザー  運営者が本サービスを利用して配信した情報を受信、閲覧できる状態にある方 (5) 本SDK  運営者が本サービスの利用のためにスマートフォンアプリやウェブアプリケーションに組み込むプログラム (6) 開発アプリ  本SDKを利用して開発されたスマートフォンアプリやウェブアプリケーション (7) プッシュ通知  スマートフォンやウェブブラウザへ情報を能動的に配信する仕組み (8) SNS  Twitter、Facebook、LINE、Instagram等のインターネットを介してユーザーがメッセージを投稿・交換できるサービス (9) コンテンツ  本サービス上で運営者が作成、配信する文字、音、静止画、動画、及び、当社が提供するRichFlyer SDK、管理サイト、管理サイトAPI等のソフトウェアプログラム、コード等 (10) 投稿  運営者が文章、文字列、画像、コメント等をプッシュ通知およびSNSを使って情報を配信する行為 第2条(本規約への同意) 1. 運営者及び開発者は、本規約に同意頂いた上で本サービスを利用できるものとし、本SDKの使用は別途定めた「RichFlyer SDK利用規約」にも従うものとします。 2. 運営者は、本サービスの利用を開始した時点または本サービスにアカウント登録をした時点のいずれか早い時点をもって本規約に同意されたものとみなされ、運営者と当社との間に本規約に基づく契約が成立し、効力を生じるものとします。また、当社がオンライン等を通じ随時運営者に対して通知する利用上のルールも、名目の如何を問わず本規約の一部を構成するものとし、運営者はこれを承諾します。通知したルールと本規約において実質的な相違がある場合は、当該ルールの内容が優先して適用されるものとします。 3. 運営者が未成年者である場合には、親権者その他の法定代理人の同意を得たうえで、本サービスをご利用ください。未成年者の運営者が、法定代理人の同意がないにも関わらず同意があると偽りまたは年齢について成年と偽って本サービスを利用した場合、その他行為能力者であることを信じさせるために詐術を用いた場合、本サービスに関する一切の法律行為を取り消すことは出来ません。本規約の同意時に未成年であった運営者が成年に達した後に本サービスを利用した場合、当該運営者は本サービスに関する一切の法律行為を追認したものとみなされます。 4. 運営者が次の各号に該当する場合は、当社は本サービスの利用を承諾しないことがあります。  (1) 運営者が虚偽の事実を申告したとき  (2) 有料プランを契約の運営者が本サービスの利用料金の支払いを怠るおそれがあることが明らかなとき  (3) 運営者が本サービスを解約され、または本サービス利用の除名等の処分を受けたことがあるとき  (4) 運営者が未成年で、親権者など法定代理人の同意を得ていないとき  (5) 当社の業務の遂行上または技術上支障があるとき 第3条(規約の変更) 1. 当社は、運営者の承諾を得ることなく、いつでも、本規約の内容を改定することができるものとし、運営者はこれを異議なく承諾するものとします。 2. 当社は、本規約を改定するときは、その内容について当社所定の方法により運営者に通知します。改定の効力は、当社が通知を行った時点から生じるものとし、運営者は、本規約変更後、本サービスを利用した時点で、変更後の本利用規約に異議なく同意したものとみなされます。 第4条(アカウントの管理) 1. 運営者は、本サービスの利用に際して登録した情報(以下、「登録情報」といいます。メールアドレスやID・パスワード等を含みます)について、自己の責任の下、任意に登録、管理するものとします。運営者は、これを第三者に利用させ、または貸与、譲渡、名義変更、売買などをしてはならないものとします。 2. 当社は、登録情報によって本サービスの利用があった場合、利用登録を行った本人が利用したものと扱うことができ、当該利用によって生じた結果ならびにそれに伴う一切の責任については、利用登録を行った本人に帰属するものとします。 3. 運営者は、登録情報の不正使用によって当社または第三者に損害が生じた場合、当社および第三者に対して、当該損害を賠償するものとします。 4. 登録情報の管理は、運営者が自己の責任の下で行うものとし、登録情報が不正確または虚偽であったために運営者が被った一切の不利益および損害に関して、当社は責任を負わないものとします。登録情報が盗用されまたは第三者に利用されていることが判明した場合、運営者は直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。 第5条 (コンテンツの取り扱い) 1. 運営者及び開発者は、本サービスのコンテンツを本規約に違反しない範囲内、かつ、当社の定める方法でのみ使用することができるものとします。 2. 本サービスにおいて当社が提供するRichFlyer SDK、管理サイトAPI、及び、管理サイト上の全てのコンテンツに関する権利は当社が有しており、運営者及び開発者に対し、当社が有する特許権、実用新案権、 意匠権、商標権、著作権、その他知的財産権の実施または使用許諾をするものではありません。 3. 運営者及び開発者は、当社の定める使用範囲を超えていかなる方法によっても複製、送信、譲渡(運営者及び開発者同士の売買も含みます)、貸与、翻訳、翻案、無断で転載、二次使用、営利目的の使用、改変、逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリング等を行う事を禁止します。 4. 前項に関わらず、退会等により運営者が本サービス利用の資格を喪失した場合は、提供されたコンテンツの使用権も消滅するものとします。 5. 運営者が、本サービス上で作成または投稿したコンテンツ(静止画、動画、文字情報その他一切の情報)に関する著作権(著作権法第21条ないし同第28条に規定する権利を含む全ての著作権を含む。)については運営者に帰属するものとします。ただし、運営者は、コンテンツの送信時に、当社に対し、日本国内外において、当該コンテンツを無償かつ非独占的に使用することを許諾します。 6. 運営者は本サービス内では、著作者人格権を行使しないものとします。 7. 投稿で使用される画像コンテンツは、本サービスにアップロードする際に配信に適切なサイズに最適化されます。 第6条(個人情報等の取り扱い) 個人情報及び運営者情報については、当社が別途定める「RichFlyerプライバシーポリシー」に則り、適正に取り扱うこととします。 第7条(SNSへの投稿) 1. SNSへコンテンツを投稿する際は、SNS各社が定めたルール・ガイドラインに従う必要があります。ルール・ガイドライン違反によるSNSの利用停止等の措置について当社は一切の責任を負いません。なお、各SNSのルールについては、下記を参照してください。 ・Twitterルール:https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/twitter-rules ・Facebookルール:https://www.facebook.com/terms.php 2. 当社は、運営者が本サービスを利用してSNSへ投稿する際、位置情報は付加しません。 第8条(有料サービス) 1. 本サービスは、対価を支払うことにより全機能を利用することができるようになります。また、有料サービスは、当社とのサービス利用契約書を締結することとします。 2. 当社は、本サービスにおいて無償または有料とされている機能について、当社の裁量でその価格や仕様を変更することがあります。 3. 有料サービスは、運営者本人の登録情報に対してのみ使用が許諾されます。 第9条(禁止行為) 本サービスの利用に際し、当社は、運営者及び開発者に対し、次に掲げる行為を禁止します。 (1) 当社または第三者の知的財産権を侵害する行為、名誉・信用を毀損または不当に差別もしくは誹謗中傷する行為 (2) 当社または第三者の財産を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為 (3) 当社または第三者に経済的損害を与える行為、または脅迫的な行為 (4) 運営者が、以下の情報を投稿すること  ① 第三者の権利および財産に対して損害を与えるリスクのある情報、第三者に対して有害な情報、第三者を身体的・心理的に傷つける情報  ② 犯罪や不法行為、危険行為に属する情報およびそれらを教唆、幇助する情報  ③ 不法、有害、脅迫、虐待、人種差別、中傷、名誉棄損、侮辱、ハラスメント、扇動、不快を与えることを意図し、もしくはそのような結果を生じさせる恐れのある内容をもつ情報  ④ 事実に反する、または存在しないと分かっている情報、運営者自身がコントロール可能な権利を持たない情報  ⑤ 第三者の著作権を含む知的財産権やその他の財産権を侵害する情報、公共の利益または個人の権利を侵害する情報  ⑥ わいせつ、児童ポルノまたは児童虐待にあたる画像・文書等の情報、医師法などの法令に違反する情報  ⑦ その他当社が不適切と判断する情報 (5) コンピューターウィルス、有害なプログラムを使用またはそれを誘発する行為 (6) 本サービス用インフラ設備に対して過度な負担となるストレスをかける行為、本サービスサイトのサーバーやシステム、セキュリティへの攻撃 (7) 当社提供のインターフェース以外の方法で本サービスにアクセスを試みる行為 (8) 一人の運営者が、複数の利用者IDを取得する行為 (9) 各SNSで規定されているガイドラインに違反する行為 (10) 上記の他、当社が不適切と判断する行為 第10条(免責) 1. 当社は、本サービスを利用したことにより直接的または間接的に発生した運営者またはユーザーの損害について、一切賠償責任を負いません。また、本サービスの内容変更、中断、終了によって生じたいかなる損害、サーバーに収録、蓄積された情報の消失または毀損、ならびに本サービスの利用環境についても一切関与せず、一切の責任を負いません。さらに、運営者その他の第三者に発生した機会逸失、業務の中断その他いかなる損害(間接損害や逸失利益を含みます)に対して、当社が係る損害の可能性を事前に通知されていたとしても、一切の責任を負いません。 2. 当社は、本サービスが全ての情報端末に対応していることを保証するものではなく、本サービスの利用に供する情報端末のOSやウェブブラウザのバージョンアップ等に伴い、本サービスの動作に不具合が生じる可能性があることにつき、運営者およびユーザーはあらかじめ了承するものとします。当社は、かかる不具合が生じた場合に当社が行うプログラムの修正等により、当該不具合が解消されることを保証するものではありません。また、本サービスが運営者またはユーザーの特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性を有すること、運営者またはユーザーによる本サービスの利用が運営者に適用のある法令または業界団体の内部規則等に適合すること、および不具合が生じないことについて、何ら保証するものではありません。 3. 運営者は、Apple Push Notification Service、Firebase Cloud Messaging等のプッシュ通知サービスの利用規約および運用方針の変更等に伴い、本サービスの一部又は全部の利用が制限される可能性があること、ならびにSNS各社の利用規約および運用方針の変更等に伴い、本サービスの一部又は全部の利用が制限される可能性があることをあらかじめ了承するものとします。運営者が保有するSNSアカウントについて、SNS各社の利用規約およびガイドライン違反により利用停止等の措置を受けた場合、その一切の責任を負いません。 4. 運営者とユーザーとの間の紛争及びトラブルについて、当社は一切責任を負いません。運営者は、本サービスの利用に関連し、他の運営者に損害を与えた場合または第三者との間に紛争を生じた場合も、自己の費用と責任において、かかる損害を賠償またはかかる紛争を解決し、当社には一切の迷惑や損害を与えないものとします。運営者とユーザーでトラブルになった場合でも、両者同士の責任で解決し、当社には一切の請求をしないものとします。 5. 運営者の行為により第三者から当社が損害賠償等の請求をされた場合には、運営者の費用(弁護士費用)と責任でこれを解決し、当社が当該第三者に対して損害賠償金を支払った場合には、運営者は、当社に対して当該損害賠償金を含む一切の費用(弁護士費用及び逸失利益を含む)を支払うものとします。 6. 運営者が本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、運営者の費用と責任において当社に対して損害を賠償(訴訟費用及び弁護士費用を含む)するものとします。本サービスの利用に関し当社が損害賠償責任を負う場合は、当該損害が発生した月に運営者から受領した利用額を限度として賠償責任を負うものとします。 第11条(権利譲渡の禁止) 1. 運営者は、予め当社の書面による承諾がない限り、本規約上の地位および本規約に基づく権利または義務の全部または一部を第三者に譲渡してはならないものとします。 2. 当社は、本サービスの全部または一部を当社の裁量により第三者に譲渡することができ、その場合、譲渡された権利の範囲内で運営者のアカウントを含む、本サービスに係る運営者の一切の権利が譲渡先に移転するものとします。 第12条(解約) 1. 運営者はアカウントを削除することによって、いつでも本サービスの利用を解約することができます。 2. 運営者が次のいずれかひとつにでも該当する場合は、当社は運営者の利用を解除することができます。また運営者は、該当した時点で当社に対して利用契約に基づき負担する一切の債務について期限の利益を喪失するものとします。  (1) アカウントを不正に利用したとき、本サービスにより利用しうる情報の改ざんを行ったとき、本サービスの運用を妨害したとき  (2) 仮差押、差押もしくは競売の申請、破産、和議、会社整理、もしくは会社更正の申し立てがあったとき、または清算に入ったとき  (3) 租税公課を滞納して保全差押を受けたとき、支払いを停止したとき、または手形交換所の取引停止処分の原因となる不渡りを1回でも出したとき  (4) 資産、信用、または営業の譲渡、合併等事業に重大な変化が生じ、本規約に基づく債務の履行が困難になるおそれがあると判断したとき  (5) 本システムの利用申込時に虚偽の申告をしたとき  (6) 有料サービス利用においてその利用料金の支払いを遅延し、または拒否したとき  (7) 本規約の全部または一部に違反したとき 3. 運営者が前項各号に該当したことにより当社が損害を被った場合、利用契約の解除の有無に関わらず、運営者に対し被った損害の賠償を請求できるものとします。 第13条(終了) 1. 当社は、本サービスの提供を終了するときは、運営者に対し事前に通知するものとします。但し、緊急の場合はこの限りではありません。 2. 前項の通知は本サービスのホームページ上に表示することにより行うものとし、表示後1か月経過した時点で全ての運営者に通知したものとみなされるものとします。 3. 当社は、理由の如何を問わず、第1項の通知を行うことにより本システムの終了により運営者が被った被害について一切免責されるものとします。 第14条(分離可能性) 本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。 第15条(当社への連絡方法) 本サービスに関する運営者の当社へのご連絡・お問い合わせは、本サービスまたは当社が運営するwebサイト内の適宜の場所に設置するお問い合わせフォームからの送信または当社が別途指定する方法により行うものとします。 第16条(準拠法、管轄裁判所) 本規約に関する全ての紛争(本規約の解釈の紛争も含みます)は日本法を準拠法とし、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。また本規約は、日本語によるものを正本とし、常に日本語のみにより解釈されます。 2018年12月1日 施行 2019年11月22日 改訂 2019年11月28日 改訂 2020年1月31日 改訂

料金及び、ご不明な点については下記よりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ