コンテンツにスキップ

Rich Flyer WebPush Library 利用手順

RichFlyer WebPush Libraryは、RichFlyerを使用してWebプッシュ通知を配信する際に使用します。
提供するJavaScriptファイルをWebサーバに配備することで、RichFlyerが提供する機能が使用できるようになります。

提供ファイル (Google Chrome, Microsoft Edge, Firebox用)

  • rf-serviceworker.js
  • rf-functions.js
  • rf-webpush-sample.js
  • index-sample.html

提供ファイル (Safari用)

  • rf-safari-functions.js
  • rf-safaripush-sample.js
  • index-safari-sample.html



rf-serviceworker.js

RichFlyer専用のServiceWorkerです。RichFlyerをご利用する上で必要なファイルです。
※本ファイルは改変しないでください。

rf-functions.js、rf-safari-functions.js

RichFlyerの機能を利用するためのライブラリです。RichFlyerをご利用する上で必要なファイルです。
※本ファイルは改変しないでください。

rf-webpush-sample.js、index-sample.html、rf-safaripush-sample.js、index-safari-sample.html

RichFlyerライブラリを使ったサンプルファイルです。


提供ファイルの編集について

サンプルファイルのみ編集してご利用いただくことが可能です。
ただし、いずれのファイルについても編集した結果生じた不具合や損害については責任は負いかねますのでご了承ください。

動作環境

  • Google Chrome 最新版
  • Microsoft Edge 最新版
  • Firebox 最新版
  • Safari 最新版

実装手順

RichFlyerで配信した通知をWebプッシュで受信して表示するまでの手順を説明します。

プッシュ通知を受信するために必要な実装(Google Chrome, Microsoft Edge, Firebox用)

  1. SDK実行キーとドメインをRichFlyerに登録

  2. ServiceWorkerの登録

  3. プッシュ通知受信の許可

  4. プッシュ通知購読情報を取得してRichFlyerに登録

プッシュ通知を受信するために必要な実装 (Safari)

  1. Apple Developer Centerでの手続き

  2. SDK実行キーとWebsite Push IDをRichFlyerに登録

  3. プッシュ通知受信の許可

プッシュ通知を効果的に運用するためのオプション実装

  1. セグメント

ライセンス

  1. ライセンス