コンテンツにスキップ

サンプルプロジェクト

サンプルプロジェクトを公開しています。

Swift版

Carthage利用プロジェクト

Carthage利用プロジェクト(XCFramework版)

CocoaPods利用プロジェクト

Objective-C版

Carthage利用プロジェクト

Carthage利用プロジェクト(XCFramework版)

CocoaPods利用プロジェクト

Carthageプロジェクトご利用の方

Carthageプロジェクトをご利用の方は、ソースコードを取得したらcarthage updateコマンドでRichFlyer SDKを取得してください。
XCFramework版はcarthage update --use-xcframeworksで取得。

CocoaPodsプロジェクトご利用の方

CocoaPodsプロジェクトをご利用の方は、ソースコードを取得したらpod installコマンドでRichFlyer SDKを取得してください。

ご利用手順

  1. RichFlyerサービスの利用登録を行い、SDK実行キーを発行する。
    SDK実行キーの取得方法
  2. Apple DeveloperにてApp IDの作成、App Groupsの作成、プロビジョニングプロファイルの作成を行う。
    作成手順例はこちら
  3. XcodeにてBundleIdの設定、App Groupsの設定を行う。
    アプリ本体の設定例
    App Extensionの設定例

  4. プロジェクトに同梱されているRichFlyer.plistに SDK実行キーAppGroups を設定する。 アプリ本体側とNotification Service Extension側に同梱されており、本体側のみ"SDK実行キー"を設定する。

  5. ビルドする

これでプッシュ通知を受信できる状態になります。


RichFlyer管理サイトで必要な設定を行えば通知が配信できるようになります。
管理サイトご利用ガイドはこちら