コンテンツにスキップ

RichFlyer SDKのインストール

RichFlyer SDKのインストールは、CocoaPodsを利用する方法、Carthageを利用する方法があります。ご利用の開発環境に合わせてご利用ください。

Carthageでインストールする場合はこちら

CocoaPodsを利用する場合

CocoaPodsのインストール

CocoaPodsがインストールされていない場合は、次のコマンドを実行してCocoaPodsを開発環境にインストールします。

$ sudo gem install cocoapods

RichFlyer SDKを組み込むアプリプロジェクトのルートディレクトリへ移動します。


Podfileの作成

初めてCocoaPodsでライブラリを導入する場合は、以下のコマンドを実行します。 成功するとPodfileが作成されます。 ※同じプロジェクトにCocoaPodsで他のライブラリを組み込んでいる場合はすでにPodfileが作成されています。

$ pod init


Podfileの編集

アプリの実装言語に合わせてPodsファイルに以下を追記します。

ターゲットについて

targetに記述する値は、開発するアプリの設定に従って記述してください。

他のライブラリとの共存について

Podfileに他のライブラリを記載する場合は、そのライブラリを提供しているリポジトリURLをsourceに記載してください。

# Uncomment the next line to define a global platform for your project
# platform :ios, '10.0'

source 'https://github.com/INFOCITY/richflyer-specs.git'
source 'https://github.com/CocoaPods/Specs.git'

target 'RichFlyerApp' do
    # Uncomment the next line if you're using Swift or would like to use dynamic frameworks
    # use_frameworks!

    # Pods for RichFlyerApp
    pod 'SwiftRichFlyer', '3.4.2'

    target 'NotificationContent' do
        inherit! :search_paths
    end

    target 'NotificationService' do
        inherit! :search_paths
    end

end
# Uncomment the next line to define a global platform for your project
# platform :ios, '10.0'

source 'https://github.com/INFOCITY/richflyer-specs.git'
source 'https://github.com/CocoaPods/Specs.git'

target 'RichFlyerApp' do
    # Uncomment the next line if you're using Swift or would like to use dynamic frameworks
    # use_frameworks!

    # Pods for RichFlyerApp
    pod 'ObjectiveRichFlyer', '1.3.2'

    target 'NotificationContent' do
        inherit! :search_paths
    end

    target 'NotificationService' do
        inherit! :search_paths
    end
end


SDKの取得

以下のコマンドを実行してSDKを取得します。正常に完了すると同じディレクトリに .xcworkspace が作成されます。

$ pod install


プロジェクトの起動

.xcworkspace をダブルクリックしてXcodeを起動します。

注意

.xcodeprojを起動した場合は、CocoaPodsによって取り込んだSDKは適用されません。


SDKのアップデート

SDKがアップデートされた場合、以下のコマンドを実行します。

$ pod update


ライブラリの取得に失敗する場合、Podfileを以下のように修正してお試してください。

pod 'SwiftRichFlyer', :source => 'https://github.com/INFOCITY/richflyer-specs.git'



Carthageを利用する場合

Carthageのインストール

ver12以降のXcodeを利用する場合

ver12以降のXcodeでCarthageを利用する場合、XCFrameworkを使用しない場合にビルド時にエラーが発生する可能性があります。
XCFrameworkをご利用をお勧めします。
また、Carthageのver0.37.0未満はXCFrameworkに未対応です。最新版をご利用ください。

CarthageのModule Stability対応について

Carthageのver0.34.0以下はModule Stabilityに未対応です。最新版をご利用ください。

Carthageがインストールされていない場合は、次のコマンドを実行してCarthageを開発環境にインストールします。

$ brew update
$ brew install carthage

RishFlyer SDKを組み込むアプリプロジェクトのルートディレクトリへ移動します。


Carthageファイルの作成

.xcodeprojファイルと同じディレクトリにCartfileファイルを作成し、アプリの実装言語に合わせて以下を追記します。 すでに同ファイルが存在する場合は、既存のファイルに追記します。

Cartfileファイルに以下を追記します。

github "INFOCITY/richflyer-sdk-swift" ~> 3.0
github "INFOCITY/richflyer-sdk-objc" ~> 1.0


SDKの取得

以下のコマンドを実行して、SDKを取得します。

$ carthage update --use-xcframeworks
$ carthage update


プロジェクトにSDKを追加(XCFramework利用)

ダウンロードされた.xcframeworkをプロジェクトに追加します。
アプリの本体プロジェクト、Notification Service Extension、Notification Content Extensionのそれぞれに追加します。

(プロジェクトのルートディレクトリ)/Carthage/Build以下に.xcframeworkがダウンロードされます。

  1. プロジェクトの設定画面を開き、TARGETSから追加したいターゲットを選択します。

    アプリ本体プロジェクトのほか、Notification Service Extension・Notification Content Extensionも同様の方法で追加します。


  2. プロジェクトの設定画面を開き、「Frameworks, Libraries, and Embedded Content」- +ボタン選択します。


  3. Framework選択画面で「Add Other...」 > 「Add Files...」を選択します


  4. (プロジェクトのルートディレクトリ)/Carthage/Build/以下にある"RichFlyer.xcframework"を選択します。


  5. Embed属性を変更します。

    ※この設定をしないとビルドでエラーになったり、申請時のアプリバリデーションでエラーになります。


    • アプリ本体の場合
      Embed属性を "Embed & Sign" とします


    • Notification Service Extensionの場合
      Embed属性を "Do Not Embed" とします


    • Notification Content Extensionの場合
      Embed属性を "Do Not Embed" とします



プロジェクトにSDKを追加(旧Framework利用)

ダウンロードされた.frameworkをプロジェクトに追加します。
アプリの本体プロジェクト、Notification Service Extension、Notification Content Extensionのそれぞれに追加します。

(プロジェクトのルートディレクトリ)/Carthage/Build/iOS以下に.frameworkがダウンロードされます。

  1. プロジェクトの設定画面を開き、TARGETSから追加したいターゲットを選択します。

    アプリ本体プロジェクトのほか、Notification Service Extension・Notification Content Extensionも同様の方法で追加します。


  2. プロジェクトの設定画面を開き、「Frameworks, Libraries, and Embedded Content」- +ボタン選択します。


  3. Framework選択画面で「Add Other...」 > 「Add Files...」を選択します


  4. (プロジェクトのルートディレクトリ)/Carthage/Build/iOS以下にある"RichFlyer.framework"を選択します。


  5. Embed属性を変更します。

    ※この設定をしないとビルドでエラーになったり、申請時のアプリバリデーションでエラーになります。


    • アプリ本体の場合
      Embed属性を "Do Not Embed" とします


    • Notification Service Extensionの場合
      Embed属性を "Do Not Embed" とします


    • Notification Content Extensionの場合
      Embed属性を "Do Not Embed" とします


スクリプトの追加(旧Frameworkを利用する場合のみ)

注意

旧Frameworkを利用する場合にこの処理を行わないと、アプリをApp Store Connectへ申請する際にエラーが発生する可能性があります。 XCFrameworkを利用する場合は必要ありません。

  1. プロジェクト設定-「Build Phrase」- +ボタン - 「New Run Script」を選択します。


  2. 入力欄に以下のスクリプトを記述します。

    /usr/local/bin/carthage copy-frameworks
    


  3. Input Filesの+ボタンを押し、追加したframeworkへの絶対パスを記述します。

    $(SRCROOT)/Carthage/Build/iOS/RichFlyer.framework
    

    注意

    相対パスで記述するとビルドが正しく完了しない場合があります。


  4. Output Filesの+ボタンを押し、追加したframeworkのビルド時の出力先のパスを記述します。

    $(BUILT_PRODUCTS_DIR)/$(FRAMEWORKS_FOLDER_PATH)/RichFlyer.framework
    



手動で追加する場合

Githubから直接frameworkをダウンロードしてXcodeプロジェクトに追加する場合は、必要に応じてアーキテクチャを削除してください。

注意

シミュレーター向けのframework(x86_64、i386)が含まれている場合、IPAファイルの作成時やアプリ申請時のValidateでエラーが発生します。
※XCFrameworkを使用する場合、エラーは発生しません。

i386向けのframeworkを削除する場合

$ cd RichFlyer.framework
$ lipo RichFlyer -remove i386 -output RichFlyer

x86_64向けのframeworkを削除する場合

$ cd RichFlyer.framework
$ lipo RichFlyer -remove x86_64 -output RichFlyer


Bitcodeの除去について

アプリのビルド設定でBitcodeが無効になっている場合、RichFlyer SDKに含まれているBitcodeを削除する必要があります。

Bitcodeの確認の仕方

Xcodeで「Build Settings」-「Build Options」-「Enable Bitcode」が"No"の場合、Bitcodeは無効になっています。

Bitcodeを除去する場合は、以下のコマンドを実行します。

# RichFlyer.frameworkがあるディレクトリへ移動しておく

xcrun bitcode_strip -r RichFlyer -o RichFlyer