コンテンツにスキップ

Push通知SDK利用手順

動作環境

開発環境・動作環境

Apple関連手続き

プロビジョニングプロファイルや証明書など、iOSアプリのビルド、リリースに必要な手続きについて説明します。

  1. 既存のアプリにRichFlyer SDKを組み込む場合

  2. 新規にアプリを作成してRichFlyer SDKを組み込む場合

  3. Appleの各手続きの作成手順例の紹介

環境設定

ビルドに必要な開発環境の設定について説明します。

  1. SDKのインストール

  2. Xcodeプロジェクトの設定

実装方法

RichFlyer SDKを使った実装方法を説明します。

プッシュ通知を受信するために必要な実装

  1. 初期化

  2. デバイストークンの登録

  3. 通知の受信

  4. 通知の表示処理

プッシュ通知を効果的に運用するためのオプション実装

  1. 通知許可ダイアログの表示

  2. 通知バッジ設定

  3. 通知の開封

  4. フォアグラウンド状態での受信

  5. セグメント

  6. 通知の受信履歴

  7. アプリ起動時の通知表示

ビルド

xcodebuildコマンドでビルドする際の注意事項を説明します。

  1. xcodebuildコマンドで.ipaファイルをビルドする

サンプルプロジェクト

サンプルプロジェクトを公開しています。

  1. サンプルプロジェクト

ライセンス

  1. ライセンス