コンテンツにスキップ

SDK実行キーとドメインをRichFlyerに登録

RichFlyerより発行されるSDK実行キーとドメインを登録します。
必ず最初に呼びます。
Safari Push Notificationsを使用する場合は、Apple Developersで発行したWebsite Push Idとコールバック関数が必要です。
RichFlyerライブラリ(rf-functions.js)を使用します。

//rf-functions.js
rf_init(rfServiceKey, domain, websitePushId, safariCallbackFunc)
パラメータ 内容
rfServiceKey SDK実行キー
domain 通知を受信するサイトのドメイン
websitePushId (OPTIONAL)Safari Push Notificationsで使用するWebsite Push Id
safariCallbackFunc (OPTIONAL)Safari Push Notificationsで登録結果を受信するコールバック関数


Info

SDK実行キーは管理サイトのサービス管理画面より取得できます。

Example
function initialize() {
    rf_init(
        "11111111-aaaa-bbbb-cccc-dddddddddddd",
        "webpush.richflyer.net",
        "web.net.richflyer",
        safariCallbackFunc
    ).then((result) => {
        console.log(result);
    }).catch((error) => {
        console.log(error);
    });
}

function safariCallbackFunc(permission) {
    if (permission === "denied") {
        //通知登録が拒否された場合の処理
    }
    if (permission === "granted") {
        //通知登録が許可された場合の処理
    }
}