コンテンツにスキップ

セグメントの登録

利用者の属性にあわせてグループ分けし、セグメントとして登録すると、特定のグループに対して通知を配信することができるようになります。

セグメントは任意の名前と値を登録できます。

利用できないセグメント名

次の単語はセグメント名に利用できません。
"device_id", "endpoint", "customer_id", "service_id", "subscription_arn", "created_at", "updated_at", "domain", "p256dh", "disabled", "ABtestReferenceValue"

// Class RichFlyer.RFPluginScript
public static void RegistSegments(RFSegment[] segments, RFCompleted onResult);
パラメータ 内容
segments セグメントの情報。RFSegmentオブジェクトの配列
onResult 結果リスナー


RFSegment

セグメント情報

public class RFSegment
{
    public string Name;  // セグメント名
    public string Value; // セグメント値

    public RFSegment(string name, string value);
}


実装例

実装例

// セグメント値を取得する
RFSegment seg = new RFSegment("Genre", "Baseball");

// セグメントを登録する
RFPluginScript.RegistSegments(new RFSegment[] { seg }, (bool result, long code, string message) =>
{
    if (result)
    {
        Debug.Log("RF-Register Segment succeeded");
    }
    else
    {
        Debug.Log("RF-Register Segment failed");
    }
});


登録済みセグメントの取得

過去に登録したセグメントの情報を取得します。


public static RFSegment[] GetSegments();

取得するセグメントは、登録時に端末で記憶したものです。アプリがアンインストールされると端末内に記憶した情報は削除されます。


実装例

// セグメントを取得する
RFSegment[] segments = RFPluginScript.GetSegments();
foreach (RFSegment segment in segments)
{
    Debug.Log($"RF-Segment => [{segment.Name}:{segment.Value}]");
}