コンテンツにスキップ

セグメントの登録

利用者の属性にあわせてグループ分けし、セグメントとして登録すると、特定のグループに対して通知を配信することができるようになります。


セグメントは任意の名前と値を登録できます。


利用できないセグメント名

次の単語はセグメント名に利用できません。
"device_id", "endpoint", "customer_id", "service_id", "subscription_arn", "created_at", "updated_at", "domain", "p256dh", "disabled", "ABtestReferenceValue"


//RichFlyerクラス
static void registerSegments(final Map<String, String> segments, Context context, final RichFlyerResultListener listener)
パラメータ 内容
segments セグメントの情報。セグメントと値のBundleセット
context アプリケーションのContext
listener 処理完了時に呼び出されるリスナ
Java
HashMap<String, String> segment = new HashMap<>();
segments.put("country", "japan");
segments.put("age", "30-39");

RichFlyer.registerSegments(param, getApplicationContext(), new RichFlyerResultListener() {

    @Override
    public void onCompleted(RFResult result) {
        if (result.isResult()) {
            Log.d("RichFlyer", "セグメント登録成功");
        } else {
            // エラー
            Log.d("RichFlyer", result.getMessage() + "code:" + result.getErrorCode());
        }
    }
});


登録済みセグメントの取得

過去に登録したセグメントの情報を取得します。

取得するセグメントは、登録時に端末で記憶したものです。アプリがアンインストールされると端末内に記憶した情報は削除されます。

//RichFlyerクラス
static Map<String,String> getSegments(Context context)
Java
    Map<String, String> segments = RichFlyer.getSegments(getApplicationContext());
    for (String key : segments.keySet()) {
        Log.d("Key:" + key + " Value:" + segments.get(key));
    }